おりものの臭いダメージを回避する手立て|女性のお悩み解決

女性

デリケートな悩み

女性

デリケートな部分の悩み例え同性であっても相談しにくいものです。特に小陰唇の大小などは気になっていても中々話題に出すことを憚られるばかりで、1人で抱え込まざるをえないこともしばしばです。しかし、もしかして自分の小陰唇は大き目なんじゃないか、人と違いすぎるのではないか、と思うと気が気でなく、この悩みを早く誰かに相談して解決してしまいたいと思わずにはいられません。そんな時は、1人で抱え込まずにしっかりと相談に乗ってくれる専門医を頼って、本当に大きいのかどうか、大きいと判断できる形なのであればどう向き合って行くかを考えていくのが一番です。

もしも小陰唇が標準的な人よりも大き目であると判断できた場合、それがいやだというのであれば、縮小手術で小さくすることが可能です。手術というと何だか怖そうな響きを感じますが、縮小手術というのは局部麻酔を使って行うので施術中の痛みを感じることはなく、痕も目立たないので、なんとかしたいというのであればこういった解決方法に目を向けてみましょう。縮小手術自体は30、40分で済むのであっという間に終わり、しっかりと自分の希望する形、状態の小陰唇にしてもらうことができます。縮小手術を行っている専門クリニックは探してみると身近なところに沢山あるので、大きいのかそうでないのか判然としないけれどやっぱり気になる、と言う時はまず、専門家に相談してみるところからスタートすることをおすすめします。